++スペイン・ウィーン美術旅行記 2001

 

++ 2001年芸術の旅について ++

 芸大時代に出会った放浪僻のあるおバカでカワイイ親友アキとシバとスペイン計画を言い出したのは丁度大学を卒業した時。 卒業旅行で一度スペインに行って帰った頃。3年後に再び長期で旅立とうと・・。

本当いうとスペインは当然メインなんだけれど、私はイタリア・ベネチアビエンナーレをとても見に行きたかったので、当初の計画は、 “フランス+スペイン+イタリアの3国。フランスでオルセー、ルーブル美術館へ行き、鉄道でスペインに行き、スペインを放浪し、 鉄道で南フランスからイタリア、ヴェネチアへ行きビエンナーレを見て、ローマへ行ってミケランジェロを見て、帰国”という壮大かつ 夢のようなルート。しかし、予算と諸事情で結局はスペインのみにすることになった。当初は安いアジア系の航空会社を予定していたけど オーストリア航空の便が安くあったので、それにストップオーバーでウィーン(オーストリア)のおまけがついた。 女3人で初めてバックパッカーの旅なんてもしかしたらチャレンジャーだったのかも知れないけど、普通に観光旅行するのに比べて、 かなり面白い体験ができました。いろんな人との出会いもありましたし、なんせ私たちの大好きな“行き当たりばったり”もありましたし。 語学が堪能なわけでもなく、旅慣れてるわけでもなかったのですが、大きなトラブルもなく(帰りの寝台列車チケットと飛行機が 飛ばなかったけど)無事帰ってこれました。

アキが帰国後、HPを立ち上げ食べ物旅行記を掲載し、私もこの貴重な体験をかたちに残したい!と思いアキとは違う観点で美術旅行記を 作ろうと思い立ったのです。完成までにこんなに時間がかかるとは思いませんでした。 構成もなんか微妙にずれてきてるし。それに、 今となってはきっとスペインもいろいろ変わっていることでしょうね。(アトーチャ駅でのテロはかなりショッキングな出来事でした。) 自己満足で作ったものですが、これからスペインに観光に行く方のなんらかの参考にもなれば幸いです。

またいつか絶対にスペインに行くぞ〜!!   


2005.3.12 yuki



+ 旅の経路 +

大阪・関空(日本)→ウィーン(オーストリア)→マドリッド(スペイン)+トレド→コルドバ→グラナダ→
フェンヒローラ+ミハス+ マラガ→ アルヘシラス+タリファ→セビーリャ→バルセロナ+モンセラット+ フィゲラス→
マドリッド→アムステルダム(オランダ) →千葉・成田(日本) →大阪・伊丹


* 矢印・・青/飛行機、白/鉄道・バス
 赤・・宿泊した都市

 

参考資料

ブルーガイドわがまま歩きスペイン・るるぶスペイン・スペイン読んで旅する世界と文化・
ガイドブック音楽と美術の旅スペイン・世界遺産スペイン・西洋美術史・現代芸術事典、他

 

comment