**パリ・スペイン美術旅行記 2013


2013年8月6日

8月夏休みをもらい、久しぶりにヨーロッパ旅行に行ってきました。3度目のスペインと初めてのパリ。約3週間。仕事しながらこんな休んだの初めてです。一緒に旅をした友人Mチャンは、7月後半から3カ月間フランスに滞在予定なのでパリ集合!パリ解散!なかなかワールドワイドな待ち合わせができるようになりました。久しぶりの海外一人飛行機旅。


関空からパリへ。初エールフランス。

 
機内食は普通。でも癖なくて食べやすかった。   飛行時間約12時間半。 機内映画は微妙でした。
日本語吹き替えの「ジャンゴ・繋がれざる者」「プラチナデータ」 あと英語で「007 スカイフォール」を見ました。

機内から見たフランス。

シャルル・ド・ゴール空港に着いてMチャンに連絡。シャルル・ド・ゴール空港、Wi-Fi15分無料でケチくさい。Mチャンの友人のアパートに滞在するので、事前にそこまでの電車の行き方と券売機は英語表記があるのでパリの鉄道は簡単。と聞いていたのですが、いざ空港駅の券売機で切符を買おうとすると、どれ買えばいいかわからない。「Paris」っていうのと、それ以外の表記を選択することになっていて、私は日本やスペインのようにその駅まで切符を買うのだと思っていたから、アレ?となって。しかもクレジットカードかコインしか使えない。日本で1万円だけユーロに両替したけど札ばっかり。フランスはカード社会と聞いていたけど、いきなりカード使うはめに。はじめ後ろに並んでいた人に聞いてみたら、外国人らしく「わからない」って言われた。窓口だとわかるはず!と行ってみたけどすごい行列。どうしようと数秒悩んで、券売機付近にいた警備員ぽい人にどれを買えばいいか聞くと「パリ!」て言われました。ロンドンみたいにゾーンで料金が決まっていたみたい。パリでの滞在が短いので行きたい所を増やさないように、あえて「ことりっぷ」を購入したのですが、このレベルのガイド本には電車の切符の買い方とか詳細に書いてなくて役に立たず・・・。RERの青ライン→赤ライン→メトロと2回乗り換えしてフィリップオーギュストまで。乗り換えは簡単で迷わず着きました。自分でドアあけるシステムはスペインと同じやった。ただスーツケースがでかいので階段が時々大変でした。

建築家・エクトール・ギマールのメトロ入口。
アールヌーヴォーなデザイン。
大学のデザイン史の授業で習ったのを思い出した。

 

アパートに着いたのが19時くらい。少し休憩してからエッフェル塔のライトアップを見にいくことに。初日はノープランにしたので、Mチャンにおまかせ。ライトアップ前にディナー。Mチャンおすすめの店は45分待ちだったので違う店へ。
鴨肉とマッシュポテト。 大味過ぎてあんまり。。。


エッフェル塔のライトアップ。公園広場側から。

シャイヨー宮側から。

正直、エッフェル塔見るまで本当にフランスに来た実感が湧きませんでした。(ギマールのメトロ入口見てちょっとだけ感じたけど)電車の文字やアナウンスはフランス語だし、初めて来たのに。なんか不思議な感じでした。都会やからかな?


Paris1
Paris2
Paris3
Paris4
Paris5
Paris6